随筆・小説サービスエリア

2
ノート

【エッセイ】星新一にみる働き方改革

稀代のSF作家 星新一の『マイ国家』というタイトルの短編集の中に、
「首輪」という話がある。

<ある男が、宝石の密輸で捕まり、裁判で有罪の判決を受けた。そこで言い渡された判決は有罪。しかし与えられた選択肢がユニークだった。
1つは流刑星での3年間の労働。
2つ目が都会である特殊な首輪をつけて生活する
というもの。
当然ながら男は後者を選んだ。
しかしその首輪がやっかいだったのだ。
なんとそれは男

もっとみる
ヽ( ´∀`)ノワッショイヽ( ´∀`)ノワッチョィ━ヽ(゚∀゚)ノ
8

【エッセイ】交通弱者〜JK経済圏〜

新幹線の開通。高速道路の開通。一般家庭向けのテレビの普及は地域に巨大なインパクトを与えてきた。
一人一台といっても過言ではないスマートフォンの普及により日本から地域性や個性が没しつつある。

方言を操る者は消え去り、どこへいってもコンビニとマクドナルドとスターバックスがつきまとう。

車社会の到来により、労せず中心市街地へ出ることが可能になった。

しかし、都会へ出るにも一苦労であった時代の名残を

もっとみる
ヽ( ´∀`)ノワッショイヽ( ´∀`)ノワッチョィ━ヽ(゚∀゚)ノ
1