小説・エッセイサービスエリア

2
記事

坂口安吾の美意識

作家の坂口安吾は、
小菅刑務所・ドライアイス工場・駆逐艦が
たまらなく美しいと語った。

「この三つのものが 、なぜ 、かくも美しいか 。ここには 、美しくするために加工した美しさが 、一切ない 。美というものの立場から附加えた一本の柱も鋼鉄もなく 、美しくないという理由によって取去った一本の柱も鋼鉄もない 。ただ必要なもののみが 、必要な場所に置かれた 。そうして 、不要なる物はすべて除かれ 、

もっとみる
√( ̄_ ̄√阿波踊り!√( ̄ⅱ ̄√どじょうすくい!
2

星新一のショートショートにみる働き方改革

稀代のSF作家 星新一の『マイ国家』というタイトルの短編集の中に、
「首輪」という話がある。

<ある男が、宝石の密輸で捕まり、裁判で有罪の判決を受けた。そこで言い渡された判決は有罪。
しかし与えられた選択肢がユニークだった。
1つは流刑星での3年間の労働。
2つ目が元の都会で特殊な首輪をつけて生活する
というもの。
当然ながら男は後者を選んだ。
しかしその首輪がやっかいだったのだ。
なんとそれは

もっとみる
ヽ( ´∀`)ノワッショイヽ( ´∀`)ノワッチョィ━ヽ(゚∀゚)ノ
8