随筆・小説サービスエリア

3
ノート

【星新一風SF小説】リアルダッチワイフ

ご注文の品をお届けにあがりました。

「やっとか!!」

D氏は感嘆した。
窓を開けると、そこには輸送用ドローンが
大きな荷物を抱えている。

「この時を私はどれだけ待ち望んだことか。。。」

受け取りの認証をすませると、箱から出て来たのはとても美しい女性だった。

遺伝子編集技術CRISPR(クリスパー)の登場は私たちの生活を大きく変えた。
これまで遺伝子組み替えの技術は存在

もっとみる
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
7

【エッセイ】真夜中高速道路

これは新潟から都心方面へ帰省する男の物語である。
男は真夜中の地方都市を車で駆け抜けていた。

ところは新潟県魚沼市。
時刻は午前零時を回っていた。

街中には人っ子ひとり見えず、
車一台走っていない。

だが、男は暗闇を照らす一筋の光を発見した。

コンビニだ。

田んぼが一面に広がる日本一の米どころ魚沼の真夜中にあって零時を過ぎてもなお元気に営業中である。

男は心がホッとするのを感じる。

もっとみる
ワッショイ♪ヽ(゚∀゚ )ノ三 三ヽ( ゚∀゚)ノワッショイ♪
2

【SF小説】夢初夜

これは昨夜見た夢の話である。

私は意味もなく、ある山を登っていた。
富士山の頂上付近のようなはげ山である。

なぜか隣には女の子がいた。

普通の山なら良かったが、
なぜか岩が上から降ってくるのだった。

岩は
一箇所から一定のスピードで降り注いでいた。
なぜこんな山を登っているのかとんと検討はつかない。

途中女の子が歩けなくなり、背負って登る。
岩石が脇をかすめる。

絶対危険だと分かってい

もっとみる
(/\)チャチャチャ(/\)チャチャチャチャ \(^o^)/ハッ
6