所感インターチェンジ

2
ノート

荷風の愛した東京

永井荷風の『濹東綺譚』。

震災後の東京を戦前日本を街歩きおじさん荷風はどう見たのか。

ここでまず語られるのは江戸東京の喪失。

さらには西洋的なものと江戸的なものがうまく混沌としていた明治東京の震災による喪失を新興風俗街 玉の井から描く。

荷風が本文中で嘆いているのは、およそ言われているような日本的なものではなく、東京人の変質である。

「東京では江戸のむかし山の手の屋敷町に限って、田舎

もっとみる
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
1

坂口安吾 桜の森の満開の下 短評

坂口 安吾 『桜の森の満開の下』
桜は誰が見ても美しい。

それを恐ろしいと表現した作家。

坂口安吾。

あまりにも美しすぎるものに逆に恐怖することを描く。

『桜の森の満開の下』(さくらのもりのまんかいのした)は、坂口安吾の短編小説。坂口の代表作の一つで、傑作と称されることの多い作品である。ある峠の山賊と、妖しく美しい残酷な女との幻想的な怪奇物語。桜の森の満開の下は怖ろしいと物語られる説

もっとみる
√( ̄_ ̄√阿波踊り!√( ̄ⅱ ̄√どじょうすくい!
9