書評インターチェンジ

1
記事

坂口安吾「桜の森の満開の下」短評

坂口 安吾 『桜の森の満開の下』
桜は誰が見ても美しい。

それを恐ろしいと表現した作家。

坂口安吾。

あまりにも美しすぎるものに逆に恐怖することを描く。

『桜の森の満開の下』(さくらのもりのまんかいのした)は、坂口安吾の短編小説。坂口の代表作の一つで、傑作と称されることの多い作品である。ある峠の山賊と、妖しく美しい残酷な女との幻想的な怪奇物語。桜の森の満開の下は怖ろしいと物語られる説

もっとみる
L(・_L)ズン(ノ_.)ノドコL(・_L)ズン(ノ_.)ノドコ
9