川崎〜機械的美学〜

作家の坂口安吾は、
小菅刑務所・ドライアイス工場・駆逐艦が
たまらなく美しいと語った。

「この三つのものが 、なぜ 、かくも美しいか 。ここには 、美しくするために加工した美しさが 、一切ない 。美というものの立場から附加えた一本の柱も鋼鉄もなく 、美しくないという理由によって取去った一本の柱も鋼鉄もない 。ただ必要なもののみが 、必要な場所に置かれた 。そうして 、不要なる物はすべて除かれ 、必要のみが要求する独自の形が出来上っているのである 。」


美しいから柱が置かれるのではない。
格好いいから主砲を設置するのではない。

そこに置かなければならない理由があるからある。
そこに美しさがある。

鉄道の美しさも同じである。
大宮〜上野間の新幹線が
速度制限されている理由、ヘッドライトの位置等々どれもこれも明確な理由がある。
その構築美が美しい。


川崎は美しい街である。

川崎貨物場、川崎工場街、川崎競馬場。

東京でも有数の美しさだ。


人々はうつり変われど、
モノの美しさは変わらず。

開発したい人間が無理やり作った街に深みはない。

ディズニーランド化する社会。



画一化する社会に面白みはあるのだろうか。

それに答えを与えてくれるような気がする
川崎工場夜景。


#エッセイ #街歩き #随筆



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

遠くへ行きたい。

┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪┌(・。・)┘
2

着ぐるみ舞踏会

東京という街に足を立てて文化を考える人。含まれる成分「街歩き 音楽 エッセイ 小説 旅 建築 郷土資料館 博物館 美術館 小説 SF ジャンクション 廃墟 ひなびた遊園地 ディープな飲み屋 純喫茶」フォローしていただけると、嬉しくて画面の向こうで踊ってます。

東京ジャンクション

東京は変化する。進化する。 東京に「完成」はない。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。