見出し画像

【エッセイ】交通弱者〜JK経済圏〜

新幹線の開通。高速道路の開通。一般家庭向けのテレビの普及は地域に巨大なインパクトを与えてきた。
一人一台といっても過言ではないスマートフォンの普及により日本から地域性や個性が没しつつある。

方言を操る者は消え去り、どこへいってもコンビニとマクドナルドとスターバックスがつきまとう。

車社会の到来により、労せず中心市街地へ出ることが可能になった。

しかし、都会へ出るにも一苦労であった時代の名残を担っている存在がある。

女子高生だ。

※イメージ

これは、ある男が帰省のため新潟から都心へ向かう道中
上越線から新幹線を乗り継ぎ、高崎駅に降り立ったときの話である。

夜中のローカル路線。
上越線は高校生で満ちていた。
友達と乗車するが、決して談笑するわけでもなく、
皆、思い思いに手元の光と対話している。
その風景は都会の疲れ切ったサラリーマンがスマホゲームに興じるのとなんら変わりはない。

彼らは乗りたくて、電車に乗っているわけではない。

それしか足がないのだ。

車に乗るための免許もなければ、新幹線に乗るための財力もない。

この上越線では、鉄道旅で有名な必ず越えなければならない難所がある。

三国峠だ。

ローカル線と書いた上越線だが、越後湯沢(越後中里)駅までは、意外に電車の本数がある

しかし、その先は・・・・

越後湯沢発水上行きが
なんと1日にわずか5本しかない。
さらに終電は18時を最後になくなってしまう。
交通手段が限られるということは、文化的交流が限られるということである。

つまり

この山を境に
お米文化圏(新潟)

甘辛ソース文化圏(群馬)
に分断されているのだ。

新幹線が開通した今、この影響は極めて微弱と思われている。

が、

しかしこの影響をモロに受けるのが、交通弱者たる高校生たちである。
中でも流行りに敏感な女子高生たちだ。
高崎JKと上越JK。
ここに熱き文化の衝突が始まる(筆者の脳内で)

〜第1章スカート丈戦争〜

高崎JKは、その立地から少し頑張れば、大宮、東京まで出ることができるため、都会を闊歩するJKたちの影響が色濃い。

カーディガンの萌え袖やDJ巻きなど、男心をグッとくすぐる格好にぬかりない。

しかし、
ひとたび山を越えた先に広がる文化は、
部活帰りの素朴なポニーテールとスマホを介した色恋バナシ。

膝より少し上の絶対安全領域を確保するスカート。
トンネルの真ん中で彼らが鉢合わせで通わなければならない高校が出来たら、間違いなくそれは戦争となるだろう。

JK界に激震が走ることはまずもって間違いない。

交通が我々を分断した時代は終わった。
サラリーマンが何時間もかけて地方に行ったり、決死の想いで集団就職をすることもなくなった。

だが、その残り香を女子高生に見ることができると言える?のかもしれない。

(以下閑話休題)

自然の山脈をトンネルでぶち抜き、各地を東京文化圏に組み込んだ結果、
人々には、もはや不便な地方にいる理由は残されていなかった。

昨今、地方創生という試みがある。

住む理由のないところに無理矢理魅力を作り出し、人々の移住を促すこの施策。

都内の高層マンション規制が00年代初頭に緩和され、タワーマンションがポコポコ建った。

利便性が高く、
おしゃれイメージの刷り込みも完璧な都心に住む場所が次々とできる中、不便で住む理由のない田舎に誰が住もうとするのだろうか?
都会の人が移住しても、その不便さ、閉鎖性、仕事の多様性の無さに耐えられるとは思えない。

全ての発展には物語がある。

新潟の発展はエネルギーと共にあった。
古くから石油の産地で、それに関連した二次産業が発展してきた。
そして今は柏崎・刈羽に原子力発電所があり、地域を潤している。
建設の際は、工事関係者で地元の潤いは大変なものだったそうだ。

住む理由もねえ、合理性もねえ、地方創生は全くもって無意味である。

いくらその地方の人が街を残そうと抵抗しても、現実にそこの街に発展する理由がなければ、その街は確実に滅びる。

佐賀県を歩いた際、古代の国庁跡を見た。
昔の政治経済の中心地が今では原っぱである。

滅ぶべきものは、滅び、残るべきものは残る。

東京に建築制限をかけ、地価を高騰させたら、働き方に比較的制限のないIT系の企業が次々に地方に散りゆく未来が来るかもしれない。
その時どこに移転するか?
中には情緒を優先する企業もあるかもしれないが、その中にあるのは、圧倒的な合理性だ。

例えば部品工場が集まり、パソコン(デバイス)を安く入手出来る場所や、魚沼市の留学生が9割を占める国際大学のように、ハイエンド学生たちの確保が容易な街が選ばれる。

そこにあるのは、アイディア先行のユートピアではない。

若者の就労支援、Iターン支援、住みたい街促進などという中身のない合理性が跋扈する昨今。これでは必ず街は滅びる。

各地で様々な街おこしのアイディアが考えられていることだろう。
例えばその最たる例が観光産業。

観光客が欲しいのはどこの地域も同じことで、観光客の絶対数は決まっている中、元々の材料やブランドで勝る京都や箱根などの強豪と競って勝たなければならない。

地方の弱小高校が全国から選手を集めた有力校に挑むようなものである。
その地域にある
ストーリーと独自性で持って戦う訓練をしなければならない。
人の移住も手段であって、大切なのは稼ぐこと。
経済圏を作ることである。
人を増やすのは手段であって、最終的には儲け話を作らなければならない。

高校生たちに話を戻す。

学生たちは上越線を利用したいから利用しているのではない。
利用せざるを得ないから利用しているのだ。

「この利用せざるを得ない」という状況作り、合理性作りが地方創生の肝だろう。

合理性のない地方は滅びゆくのが自然だ。

そのうち、国の予算に余裕がなくなると、地方創生のめっきは剥がれていくだろう。

だが、日本は滅んで欲しくない面白い都市だらけである。
各都市が独自性を発揮し、ストーリーに基づいた稼ぐ仕組みをボトムアップで作って欲しいと思っている。

地方の多様性こそが国の強さである。

様々な文化を各地に持つ国は強い。

一つが倒れても共倒れにならない。

数千年続いたと言われる三内丸山遺跡の縄文人たちは様々な木を自分たちの生活圏に植え、
どれかが不作でも違う木ノ実を食べることで飢えをしのいだとされる。

多様性は日本ひいては人類の豊かさである。

全国で言葉も違えば、風土も違う。
それが統一されていくのはつまらない!

それに抗うための合理性をつくる手伝いをしたい!
そう思った。
高崎線車内
2017年5月26日

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

遠くへ行きたい。

L(・_L)ズン(ノ_.)ノドコL(・_L)ズン(ノ_.)ノドコ
1

着ぐるみ舞踏会

東京という街に足を立てて文化を考える人。含まれる成分「街歩き 音楽 エッセイ 小説 旅 建築 郷土資料館 博物館 美術館 小説 SF ジャンクション 廃墟 ひなびた遊園地 ディープな飲み屋 純喫茶」フォローしていただけると、嬉しくて画面の向こうで踊ってます。

随筆・小説サービスエリア

女がすなる日記というものを男がしてみんとしてすなり。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。