見出し画像

「東京」〜日本のブラックホール〜

東京は日々、膨大な情報が飛び交っている。

広告、チラシ、人、若者
情報に溢れている。
だから歩いていると読み応えのある本のようで面白い。

都市と対比する意味で地方も面白いが、実のところ住んでみると
寂しくて仕方がない。

訳あって今私は雪深い日本のある地方にいる。
都会の人は、となりのトトロを想像するように田舎生活を語ることがある。

満員電車も無ければ、人も多くない。
食べ物も美味しいし、自然はいっぱい。
人のつながりがあってあったかい。。と。

だが、「地方いいね!」は都会<地方では決してなくて、現実の生活に少し不満があるものの、有効な脱出策を打てないでいるものの妄想に過ぎない。
都会と同じような生活インフラを想像して語られている妄想に過ぎない。

人は、便利なところがいいに決まっている。

極論をいえば吉幾三の「俺ら東京さ行くだ」が多くの人たちの本音のように思う。

「あ〜、テレビもねえ。ラジオもねえ。車もそこまで走ってねえ。」

までは過剰だろうが

「あ〜、原宿ねえ。電車もねえ。よそ者あんまり好きじゃねえ。」

が近いかもしれない。


確かに地方は東京と比較し、物珍しい文化や人があったりして、一時的には面白く見えるだろう。
だが、都会と比してのユートピアでは決してない。

その街はその街である。

広島は東京と比較しての広島ではない。
福岡は東京と比較しての福岡ではない。
新潟は東京と比較しての福岡ではない。

その街はその街である。


都会と同じようなインフラを作ったり、スターバックス等の飲食店を進出させてもどこか薄っぺらく感じるのは、その土地の歴史に紐付いていないこともさることながら、そこでやり取りされる情報の密度が薄いからだろう。

地方は東京を目指しちゃならない。

東京の出生率は全国最低だ。

だが、そこに人は集まる。

人を飲み込み
かき混ぜ吐き出すことはない
ブラックホールのようである。

だが、それだからこそ歩いていて、おもしろくはある。

原宿に降り立つ。
茶畑が広がっていた名残からうねうねした細道が多く残るこの街を東に1時間ほど歩けば、
外苑の緑が広がり、
六本木のビル群、
国会議事堂・首相官邸の中枢、
皇居の堀、
銀座の先端文化地帯が現れる。

めくるめく都市絵巻。
おもちゃ箱をひっくり返したように様々な顔が現れる。

東京という名のブラックホールは
人を飲み込み、再生産することはなく
都市に儚い彩りを残す。
それが美しい。

だから地方は東京を目指しちゃいけない。
中央に対して、「地方」って呼ばれちゃいけない。

その街はその街自体がアイデンティティなのだから。



初めまして。多々良と申します。

街のことを文章に書いていくエッセイです。

#エッセイ
#随筆

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

遠くへ行きたい。

√( ̄_ ̄√阿波踊り!√( ̄ⅱ ̄√どじょうすくい!
4

着ぐるみ舞踏会

東京という街に足を立てて文化を考える人。含まれる成分「街歩き 音楽 エッセイ 小説 旅 建築 郷土資料館 博物館 美術館 小説 SF ジャンクション 廃墟 ひなびた遊園地 ディープな飲み屋 純喫茶」フォローしていただけると、嬉しくて画面の向こうで踊ってます。

東京ジャンクション

東京は変化する。進化する。 東京に「完成」はない。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。